弁政連活動日誌

令和6年4月

ポストコロナの活動と更なる組織強化に向けて
~全国支部懇談会

2024年1月18日午後4時から東京の都市センターホテルにおいて、弁政連の全国支部懇談会が開催された。当日は、全48の弁政連支部のうち20の弁政連支部から支部長、幹事長/事務局長等の役職者が出席し、菊地裕太郎理事長をはじめとする本部役員その他の会員を含め、総勢43名の会員が出席した。 菊地裕太郎理事長の挨拶後、齋藤和紀幹事長から、各弁護士会連合会の定期大会に合わせて開催された各ブロックにおける弁政連の役員懇談会における議論状況について報告があり、続いて、笠井直人組織強化委員長から、弁政連の加入状況、支部の設置等の状況につき報告があった。また、未設置である秋田県支部と富山県支部について、現在、設立に向けて鋭意準備中であり、近い将来に、全国すべての地域における弁政連支部の設置が実現する見通しであることが報告された。 意見交換では、各支部における活動や会員加入の促進のための取組等が紹介され、各支部における創意工夫を参考にするとともに、弁護士会との連携の下で地道に活動していくことの重要性が確認された。予定時間を超過する白熱した議論が展開され、活発な活動を継続していくことを確認して閉会した。 (副幹事長 奥 国範)

弁政連ニュースへ